マインドフルネス脳トレ速読で広がる仕事の可能性

マインドフルネス脳トレ速読で広がる仕事の可能性

脳を活性化して記憶力が上がったり、速読によって知識を短期間に得ることができるようになると、仕事の可能性を広げることができます!

ここでは具体的にどのような仕事があるか1例ですがみていきたいと思います。

確かなスキルを!
マインドフルネス脳トレ速読公式HPへ

語学

まず記憶力がアップして有利になるのが、語学のスキルの習得と言えるのではないでしょうか。

たくさんの単語や覚えにくい文法などを頭に入れることができるようになれば、英語だけに留まらず様々な語学を操れるようになります。

語学のスキルを使える仕事は以下のようなものが挙げられます。

通訳者

通訳者は、ご存じの通り、日本語と英語を話す2名以上の人々の間に立ち、意思伝達をサポートする仕事です。

「まさか自分が通訳なんて」と思うかもしれませんが、スキルを磨き経験を積めば、なれる可能性は十分にあります。

もちろんスムーズな意思疎通を実現するためにも、即座に相手の発言を理解し、正確に通訳する高い英語力が求められます。

業界に関する専門知識や各国の文化的背景などの学習が欠かせませんが、それだけやりがいを感じることができるはずです。

翻訳家

高いライティングスキルがある場合、外国語専門のライターとしてコラムやエッセイを寄稿して生計が立てることができます。

原文を直訳するのではなく、より自然で読みやすい文章にする必要があるため、クリエイティビティが求められる仕事だと言われています。

英語のスキルを持っている人が多いのであれば、あえて習得していない言語を学んで仕事にすると重宝されるかもしれませんね。

人の顔や名前も覚えることができる

記憶力がアップすることで覚えることができるのは、教科書や参考書に書いてあることだけじゃありません。

人の顔や名前も覚えることができるようになるため、以下のような職業に就く場合もメリットが大きいと言えます。

営業・接客

何の仕事に対しても言えることですが、特に営業や接客の場合、人との関係が重要になってきます。

相手の名前、顔、趣味、嗜好などこれらを憶えておくことで仕事をスムーズに進めることができます。

どれだけ小さいことでも自分が話したことを覚えてくれていると、「ちゃんと話を聞いてくれている人」と認識しますよね。

そういった人に対して、信頼感や安心感を抱くのは当たり前のことですし、その関係性を築くために欠かせないのが記憶力と言えます。

このようにマインドフルネス脳トレ速読は営業や接客の分野でも役立つことが分かります。

確かなスキルを!
マインドフルネス脳トレ速読公式HPへ
TOPページを見る