疲れた時のリラックス方法

疲れた時のリラックス方法

いくら記憶力や集中力を上げて頑張っても、疲れを感じてくることは避けられないですよね。

そんな時におすすめできるリラックス方法についてみていきましょう。

確かなスキルを!
マインドフルネス脳トレ速読公式HPへ

深呼吸

普段無意識に行っている呼吸ですが、気がつくと浅くなってしまっていることがあります。

そうすると脳にも充分な酸素が行き届かず、自分のパフォーマンスを下げてしまうことに繋がります。

そんな時におすすめしたいのが自分ですぐにできる「腹式呼吸」です!

まずは楽な姿勢で座ったら背筋を伸ばし、鼻からゆっくりと息を吸い込み、吸いきったら今度は溜めた空気をお腹から押し出すように、口からゆっくりと吐き出します。

これを行うだけでも不思議と心も落ち着いてきて、高いリラックス効果が期待できます。

アロマなどの匂いを利用する

アロマなどの嗅覚を使った方法も気持ちを落ち着かせることができるのでおすすめです。

基本的には自分が好きな匂いならどのようなものでも構いませんが、元気を出したいとき、リフレッシュしたいときには柑橘系を、心を落ち着かせリラックスしたいときにはラベンダーなどの香りが良いと言われています。

アロマは眠っている間にも効果を発揮し、匂いによっては安眠効果をもたらすものもあります。

お気に入りの匂いなら、幸福感を得やすく、副交感神経も有利になるため、ぜひ試したいところですね。

ヨガ・ストレッチ

リラックスしたいとき、家で簡単にできるものとして、ヨガやストレッチをすることもおすすめです。

ヨガやストレッチであれば、運動が苦手な人でも気軽に取り組むことができますよね。

少しでも体を動かせば気持ちが明るくなりますし、血液やリンパの流れも良くなり、腰痛・肩こりなどのつらい症状が軽減することもあります。

質の高い睡眠を取る

やはり1番大事なことは夜に質の高い睡眠を取って、次の日に備えるということだと思います。

試験前などは忙しいスケジュールで動き回らなければならず、徹夜をしなければいけないような日もあるかもしれません。

しかし、徹夜が続くとストレスや疲労もたまりやすいという悪循環に陥るため、どこかで体力回復を図ることが大切です。

もし寝ている時間が無いような場合でも、目をつむって横になっているだけでも疲労は回復でき、リラックスできます。

また、睡眠に入る前にゆっくりお風呂に入り、温かい飲み物を飲んで就寝準備をすると、より質の高い睡眠が期待できます。

注意点としては、寝る前にカフェインの入った食べ物・飲み物をとると、覚醒作用によって眠れなく原因になるため、控えるようにしましょう。

確かなスキルを!
マインドフルネス脳トレ速読公式HPへ
TOPページを見る